太っているとジムに行くのが恥ずかしい?

スポーツジムというと太っている人が痩せるために行くイメージがあるかもしれませんが、体重を気にしている人ほどそうじゃないことがよくあります。

 

「超肥満なうえに運動経験がないから不安」
「運動を始めるならぽっちゃりくらいの人がちょうどいいのでは」
「他人の目が気になってジムに通う勇気が出ない」

 

などなど、太っているせいでジムに行くのが恥ずかしいと思ってしまうのですね。人によってはこのように思ってしまうのはある程度仕方ないと思います。しかし、痩せた自分を想像してみてください。最初さえ乗り切れば意外とジムは続けられます。

 

他人の目が気になる人こそパーソナルジム

太っている自分を他人に見られるのが嫌でスポーツクラブに通えないという方はパーソナルジムをおすすめします。

 

実際のところ、一般的なスポーツクラブに超肥満と思われる方はほとんどいません。超肥満の定義があいまいで申し訳ないのですが、イメージとして(女性の場合)身長150cmであれば80kg以上、160cmであれば90kg以上くらいでしょうか。

 

太っている方はたまに見かけるのですが、数回来た後もう来なくなってしまうことが多いです。個人的には「もったいないなぁ」なんて思ってしまうのですが。

 

スポーツクラブのお客さんは場所にもよりますが、30代後半〜60代の方が多く、痩せたいというよりは今の体型をキープしたいという方が多いように見えます。

 

また、ジムを長く休んでいた間に太ってしまったメンバーが、「みんなに合った時に笑われないように必死にダイエットしている」と自宅で頑張っていることもありました(^^;

 

それに対して、パーソナルジムは基本個室なので上記のような煩わしさは一切ありません。スケジュールも他のお客さんに会わないように組まれているので集中してトレーニングを行うことができます。

 

完全個室ではなくても、スポーツクラブのように仲良しグループや変な派閥などないので振り回されることもありません。

 

肥満だからという理由だけでなく、トレーニングを他人に見られるのが嫌という方は実際に多く、最近パーソナルジムが増えたのもそういった理由があると考えられます。

 

費用の面でいうとやはり個室がある分高くなってしまいますが、他人の目を気にせずトレーニングに集中できるのは大きなポイントだといえます。

 

太っていても筋トレはできる

「パーソナルジムは筋トレメインだからぽっちゃりの人が行くイメージがある」という声も時々耳にします。

 

パーソナルジムは、筋トレがメイン・・・これは間違っていないのですが、太っている人でも筋トレはできます。

 

トレーナーさんはみんなプロなので、最初のカウンセリングで体型などに合わせたメニューを提案してくれます。

 

太っている人の場合重量を増やしてスクワットをすると膝に負担がかかるので、最初は軽い重さで始めたり、有酸素運動の負荷をあげたりなど方法はたくさんあります。

 

ときどきテレビで「ダイエット総選挙」や「ダイエットヴィレッジ」などをイメージするとわかりやすいと思います。(見たことがない方はすみません。)

 

なので、太っているから筋トレができないという心配はありませんので、ジムに通うかどうか悩んでいる方は1度体験してみることをおすすめします。