筋肉痛との闘い

筋トレをすると必ずやってくるのが筋肉痛。日常生活に支障をきたすこともありますが、それは効果が出ている証。ある程度の覚悟が必要です。

 

年齢と性別を教えてください

30代女性

プログラムを受けたジムの名前と通った期間、トレーニングの内容を教えてください

・スポーツクラブNAS
・1回40分、全10回
・筋トレ15分間、有酸素運動:25分間

体重・体脂肪率の変化を教えてください

体重:53キロだったのが、52キロになりました。
脂肪量:34%が31%になりました。
筋肉量:22から23になりました。

食事制限があった場合は簡単に内容を教えてください

炭水化物の摂取を控えることと、甘いドリンクは避けること。
夕食は軽めに21時までに食べること、主に鶏肉を食べると良いなど教わりました。

失敗談を教えてください

思い切って、通っているジムでプログラムコースを受けましたが、体重、脂肪量、筋肉量ともに、あまりにも変化が感じられなかったので、たった10回のコースではまだまだ足りない感じがしました。

 

もっと何回もプログラムを組んで真剣に取り組まないと、なかなか自分の思うような理想体型にはそう簡単には近づけません。

 

また、食事療法なども聞いてトライしてみましたが、仕事の残業が忙しくて不規則な食生活になってしまったので、教わったことをそのまま日常生活に反映させることは難しかったのもあります。

 

しかし、このプログラムを続けるには予算がかなりかかってしまうので、自分には継続は難しそうです。

 

でも、プログラム中は、担当トレーナーさんからいつも、とても丁寧に親切にいろいろな方法や知識を教わることができたので、その点はとても自分の中で新しい知識にもなったし、感謝もしていて、体型に変化は現れなかったけどプログラムに参加してみてよかったな、と感じてします。

 

トレーニングの中では筋トレが一番つらかったです。普段使わない筋肉をトレーナーさんと一緒にやるので、ちょっと恥ずかしかったのと、思うような態勢がうまくできなかったりと、日ごろの運動のしなさすぎを痛感してしまいました。

 

はじめからこんなプログラムを容易に受けるのではなく、あらかじめヨガなどで体をある程度柔らかくしておかないと、なかなか最初から始めるのは難しい人が多いのではないでしょうか。

 

また、筋トレをした翌日は、あまりの筋肉痛を起こしてしまうため、仕事中に支障がでたりしました。どんな姿勢をするにも筋肉痛が気になって仕方がありませんでした。

 

今度プログラムを受けるときは、ある程度自分の体も鍛えてから再度トライしてみるべきなのかもしれません。

筋肉痛が起きるのは筋肉が発達している証拠

トレーニングを継続している人は何度も経験していると思いますが、筋肉痛はちょっときついですよね。程度や場所にもよりますが、個人的にはお腹の筋肉痛がいちばん大変だと感じています。笑ったり咳をしたりするだけで痛みが走るので(^^;

 

ただ、筋肉痛が起きるのは筋肉が発達している証拠でもあります。筋肉はトレーニングで壊され休息で回復することを何度も繰り返すことで発達していきます。これを超回復といいます。

 

筋肉が壊されるときに筋肉痛が起きます。そしてこの筋肉痛が徐々に回復している間にどんどん大きくなる仕組みです。ジムに定期的に通うようなトレーには筋肉痛が来ると喜ぶ人もいるほどです(^^;

 

今回のアンケートでは「事前にヨガなどをしておけば・・・」とありますが、基本的に事前に運動をしていても、トレーナーがついて正しいフォームでトレーニングを行えば筋肉痛はやってきます。

 

もちろん、体を壊さないために事前のウォーミングアップは大切ですが、筋肉痛からは逃れられないと考えておいた方がいいです。

 

不規則な生活で食事制限がうまくいかない

ダイエットプログラムを受けるとよくある障害の一つに、「トレーナーさんの言ったとおりの食生活がとれない」ということがあります。

 

学生であれば授業の始まりと終わりが決まっていてある程度規則正しい生活ができますが、社会人になるとなかなかうまくは行きません。早番や遅番、夜勤などがある会社だとなおさらです。

 

その場合は、自分の普段の生活リズムをできるだけ詳しくトレーナーさんに伝えてください。トレーナーさんもプロですのでいろんな状況での食生活をアドバイスしてくれます。

 

ただ、以前あったのですが、私がプログラムを受けていた時、「どうしてもこの曜日は食事の間隔が7時間以上空いてしまう」と伝えると、「ダメなものはダメです!」と頭ごなしに言われたことがありました。

 

結局他のトレーナーさんに相談して、ドリンクにサプリメントを入れてなんとか乗り切りましたが、話を全く聞いてくれないトレーナーも中に入るので最初のカウンセリングでその点もしっかり見極めておくことをおすすめします。