栄養素の理想的なカロリー比率は?

野菜と果物

 

食事制限でダイエットをするなら、健康的に痩せたいですよね。減量のためにカロリー制限は必要ですが、それとあわせて栄養が偏らないように気を配ってみてください。

 

そこで気になる、栄養バランス。私たちは普段の食事で、1日あたりどれぐらいの栄養を摂取すれば良いのでしょうか。まずは、基本の5代栄養素について簡単にご紹介します。

 

炭水化物

炭水化物は、「糖質」と「食物繊維」で構成されています。糖質は体のエネルギーとして使われ、たんぱく質や脂質よりも素早く活用されます。1gあたり4kcalのエネルギーになります。

 

たんぱく質

たんぱく質は、体重の約5分の1を占め、私たち人間が生きるために重要な栄養。たんぱく質の材料となるアミノ酸のうち、体内では生成できない「必須アミノ酸」は意識して摂るようにしましょう。1gあたり4kcalのエネルギーになります。

 

脂質

炭水化物・たんぱく質・脂質の三大栄養素のうち、最も高いエネルギーになります。そのためカロリーも高いですが、細胞膜やホルモンを形成するものなので、適量は摂るべきです。1gあたり9kcalのエネルギーになります。

 

ビタミン

ビタミンは三大栄養素のようにエネルギー源にはなりませんが、体内の酵素を助ける補酵素として栄養素の調整を行い、健康な体をつくるために働きます。野菜、果物、肉類、魚類に多く含まれます。

 

ミネラル

カルシウムや鉄分がこれに当たります。ミネラルもビタミンと同様に、体の機能の維持に役立ちます。摂取する量は少量で良いですが、ビタミンとは違い体を構成する要素になります。

 


栄養素の理想的なカロリー比率

1日に必要なカロリーのうち、それぞれの栄養を以下の比率で摂取することが良いとされています。

 

炭水化物 60%
たんぱく質 15-20%
脂質 20-25%

 

普段の食生活の中で、カロリー以外も気にするのはなかなか大変ですが、バランスよく栄養素を摂取することで、健康的なダイエットができるのでできるだけ心がけるようにしましょう。

 

主食、主菜、副菜、小鉢、汁物5種を毎回の食事に摂り入れると、自然と栄養バランスの取れた食事内容になっていることが多いです。品数が多い和食中心の生活にすると◎

 

ダイエット中は炭水化物や脂質はダメ!という意識があるかもしれませんが、栄養バランスを考慮して食事内容を決めることが最も重要です。